ラブコメ漫画「ヲタクに恋は難しい」大人気コミックが書籍化

ヲタクに恋は難しい
ふじた先生の作品です。

すっごく人気の作品ですね。
ヲタクじゃない方は特に笑えるかも!恋愛面でもドキドキして楽しめます。
誰にでもおすすめできるラブコメ漫画です。

ヲタクに恋は難しい あらすじ

OLの成海(なるみ)は隠れ腐女子。
腐女子であることが彼氏にバレてフラレ、転職してきました。
その会社にいたのが、幼なじみの宏嵩(ひろたか)で、彼もまた重度のゲーヲタ。

成海は、自分のヲタクである素を見せられる宏嵩を彼氏より大事にしていて、逆に恋人にするのはもったいないと思っていますが、宏嵩のひとことでふたりはつきあうことになります。

会社の樺倉と小柳の先輩カップルも登場!
恋愛不器用な彼氏・彼女たちのラブコメディです。

ヲタクに恋は難しい 感想レビュー

ここからネタバレ注意!!

いや~面白い!!
本当のヲタクの方だと、ちょっとそこ違うんじゃない?と思うところもあるかもしれませんが、私のようなほどほどなヲタクにとっては、妙に共感できるところがあって、めっちゃ面白いです。
ヲタク用語は多いのだけど、逆にヲタクじゃない方の方が楽しめるんじゃない?という部分も多いですね。

この漫画は、やっぱりキャラがすごく良いです。
ストーリーも、何気ない日常の話を描きながら、少しずつふたりの関係が変わってきたりしてうまいな~と思ったりするけれど、やっぱりメインの個性的なキャラのバランスはすごいと思います。

主に、メインの成海&宏嵩と先輩カップルの樺倉&小柳の4人で話は進みますが、4人ともすっごく良いキャラ。
そこに、天然系で非ヲタの宏嵩の弟である尚が加わり、3巻の後半では尚と友達になる?ゲーオタの桜城(女子)が加わります。このふたりも今後どうなるか楽しみ♪

私のお気に入りは、可愛い顔して普通女子のように話していた成海が、「それな!」みたいな感じで態度や言葉・表情が変わるところ。自分もうっかり言葉遣いを間違えてヤバっと思うことがあるので、他人事には思えません(笑)

宏嵩のあの常に冷静で笑わない表情もまたすっごく良くて、だからこそ時たま恥ずかしそうにしたり、レアな笑顔が見れると最高!!って思います。

樺倉と小柳の先輩カップルも、感情むき出しで喧嘩しているかと思いきや、実はラブラブでそのギャップにメロメロになる…
樺倉先輩は、強面だけど中身がめっちゃ男前!小柳先輩のことをよく見ているし、ここぞって時にフォローして頼りになります。

今現在、3巻まで電子配信されていて、ラブ度はまだまだこれからって感じ。笑いながらサクサク笑いながら読んでいける漫画ですね。

でも、宏嵩が実は子供の頃から一途に成海のことを好きだったのだとわかる部分もあって、時々切ない~ってホロッとなります。これからふたりの関係がどう変わっていくのか楽しみですね。